A隊長のさぁ進もう!

〜幸せのサプリメント〜

vol.14 家事メン育成計画③

time 2018/03/13

vol.14 家事メン育成計画③

前回の続きです。

前回までに旦那さんや彼氏にお手伝いをする為の基礎教育は終了してますので、今回は思ったように、お手伝いをしてもらう為のコツをお教えして行きたいと思います。

前回、前々回と言っていますが、男性というのはワンちゃん。

それも実は「飼い主に忠実なワンちゃん」なのです。

えっ?忠実なワンちゃん?全然そんなことないよ!全く私の言うことなんて聞いてくれないもん!

と思っている方もいらっしゃるでしょうが、いやいや男性というのは「忠実なワンちゃん」なんですよ笑

なぜなら賢いワンちゃんほど「飼い主に言われたこと以外に無駄なことはしない」のです。

つまり、奥さんや彼女が旦那さんや彼氏に「このゴミ出しといてね」と言われると旦那さんや彼氏は「ゴミ出し」しかしません笑

女性のような気遣いや配慮なんていう思考は全くなく、ゴミを出してと言われたらゴミ出しだけをすることを考えていますので、
空になったゴミ箱に新しい袋を付けておいたりすることは、まずありません。

で、結局は自分でやった方が早いということになってしまうのです涙

そうならない為に旦那さんや彼氏に自分が思うように、お手伝いしてもらう為には「オーダーを紙に書いておく」という方法がかなり有効になります。

ゴミ出しに例えると「○時に○のゴミ置場へゴミを出して、○○に新しいゴミ袋があるので、空のゴミ箱に新しい袋を付けておいてください」と正確な指示書を書いておけば、男性はきっちりとその仕事をこなします。

男性は「任務を遂行すること」に長けていますので、この「指示書作戦」はとても有効な方法です。

そして、完璧に任務が完了したら、感謝の気持ちをしっかり伝えて、思い切り褒めてあげてください!

そうすると男性は気分が良くなり、お手伝いをすることが楽しくなってきます。

男性は成果を自分で感じないと飽きてしまうので成果が出ていると言うことはしっかりと伝えてあげてくださいね。

ただし、自分が思うようにお手伝いしてもらえる為に、より詳細な「指示書」を書きすぎてしまうことには注意は必要です。

あまり細かすぎると男性は「馬鹿にされてる!」とプライドを傷つけてられてしまったという気になり、スネてなにもしなくなってしまいます。

完璧を求めすぎて、結果を焦らずに始めは簡単なことから徐々にハードルを上げて行ってください。

とここまで来ると、だいたいは満足が行くように動いてくれるようになるのですが、女性の中には旦那さんや彼氏を理解はできるけど「ワンちゃん」なんて思えないよって言う方もいらっしゃります。

そういう時は思い切って「ウチのワンちゃんは他とは違う、賢いワンちゃんなんだぞ!」と思っていればいいんです。

2人で協力ができて、お互いに理解し合える関係こそが最も重要なことだと考えるからこその家事のお手伝いです。

特に幸せな夫婦関係を長く持続して為には、お互いが尊重し合うことがすごく大切だと思います。

少しずつかも知れませんが、いつも2人で話し合い、2人で協力し合って、お互いに理解し合える関係を目指していってみましょうよ!

まだまだ私も全然なのですが、読者の皆さんと一緒にそんな関係を目指して行きたいと思ってます。

 

おわり

ご質問・ご相談は下記フォームより
お願いいたします。

sponsored link

down

コメントする




Profile

A隊長(恋愛セラピスト)

A隊長(恋愛セラピスト)

主婦業のかたわら恋愛セラピストをやっているA隊長です。 「幸せになりたい女性」に必要な情報などををブログに書いています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。