A隊長のさぁ進もう!

〜幸せのサプリメント〜

vol.8 彼氏ができない人へpart2

time 2018/03/07

vol.8 彼氏ができない人へpart2

前回の続きです。
前回、彼氏ができない人の特徴や傾向を挙げてみました。

そこから見てみると、彼氏ができない人というのは実は「作ろうとしていない人」「作ることができない人」に分けることができます。

まずは「作ろうとしていない人」から見て行きましょう。

彼氏が欲しいと周りに言っている割には仕事が楽しくて楽しくて仕方ない人やゲームをしている時、女友達と遊んでいる時の方が楽しいと思っている人は、周りから見れば「作ろうとしていない人」として見られています。

それにこのタイプはせっかく彼氏ができても「続かない」ないのです。

彼氏だって、彼女ができたら一緒に楽しみたいんです。

自分だけが楽しんでいて、彼氏はそっちのけでは彼氏もイヤになりますよね。

もし、あなたがこのタイプなら、仕事や趣味の面で共通の話題や楽しみを持っている人から彼氏候補を探して行くと良いでしょう。

次に「作ることができない人」を見て行きましょう。

これに代表される原因は必要以上に親が子の恋愛に干渉して来たり、過去の恋愛がトラウマになって、恋愛に発展しなかったり、臆病になったりして「作ることができない」という状況になっている人です。

この「作ることができない」にも自分以外に原因が外部にある場合と、自分自身の内部に原因がある場合があります。

作ることができない人の状況や理由は様々あると思います。

一概には言えませんが、親が子の恋愛に必要以上に干渉してくる場合などは、彼氏探し以上に先に自分の親に信用してもらい理解してもらう為に時間を費やすことを優先して行かないといけません。

もう一方の過去の恋愛にトラウマがある場合などは自分の友達や同僚など周囲にいる自分が信頼している人に心の傷が癒えるまで話しを聞いてもらったり、相談したりして過去のトラウマを薄くして行くことから始めて行かないといけません。

この作業が中途半端になったまま、次の恋愛が始まっても、きっとトラウマが頭の中によぎってしまい、うまく行かなくなって「続かなく」なってしまいます。

人は辛い思い出のトラウマを抱えてしまうと完全には消えにくいですが、恋愛にポジティブになれるように時間をかけて心を癒して行ってくださいね。

それともう一つ「彼氏ができない人」タイプがあります。

これは「自己中心的」なタイプです。

周りから見て当たり前のことができない。
自分の都合や考えしか話さず、
人の話しには耳を傾けない。
約束や時間を守らない。
平気で嘘をつくたなど…

こういったことがありますが、これについては恋愛がどうこうよりも、人としてのモラルを欠いてしまっていると思います。

人は社会に適応し、
時には変化して生きて行く動物です。

子供の頃ならともかく大人になって行くと、全て自分の思うようにして生きて行けることはありません。

友達や同僚、先輩に注意されたり
改善するべき忠告をされた時は、素直に耳を傾けて行くべきです。

じゃないと、せっかく彼氏ができても「続かない」ですよ。

と、ここまで「彼氏ができない人」をいくつかのパターンで分析してみましたが、なにか気づいたことありませんか?

そうです。
共通のキーワードは「続かない」ということなんです。

彼氏といるより楽しいことがある。
親が子の恋愛に干渉してくる。
自己中心的で人の話しに耳を傾けない。

これ全部
彼氏ができても続かない人の特徴なんです。

どんなに優しい彼氏だって一人の人間。

自分の分身ではないのですから、当然、イヤな気分になると離れて行きます。

彼氏の気持ちに甘えすぎて、いつしか自分勝手になり、相手を敬う気持ちが無くなってしまうと恋愛は終わりを迎えます。

彼氏が欲しいと思っているけど、できない人は、自分が置かれているパターンに当てはめて改善するべきことと合わせて、恋愛が「続く体質」にも努力していくことが必要です。

世界中でたった一人と巡り合うために…

 

おわり

ご質問・ご相談は下記フォームより
お願いいたします。

sponsored link

down

コメントする




Profile

A隊長(恋愛セラピスト)

A隊長(恋愛セラピスト)

主婦業のかたわら恋愛セラピストをやっているA隊長です。 「幸せになりたい女性」に必要な情報などををブログに書いています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。