A隊長のさぁ進もう!

〜幸せのサプリメント〜

vol.2 幸せになる為に

time 2018/03/01

vol.2 幸せになる為に

幸せになりたい

誰もが、そう思っていることではないでしょうか?
では、どうすれば幸せになれるのか?
なにを手にすれば幸せになれるのか?

そう考えても具体的な答えなんて出て来なくなり、いつしか「幸せなんて来ないよなぁ」ってうつむきかげんに考えてしまいがちですよね。

実際のところ、私自身も一体なにが幸せなのかは良くわかっていないだと思うのですが、ある知人からの質問で気付いたことがあったので、ここに書こうと思いました。

その質問とは…
「ある日、突然に無人島へ行かなければならないことになりました。その無人島へ、なにか1つだけ持って行くことができます。実在するのであればなんでも構いません。あなたは何を持って行きますか?」
という質問でした。

私は「暖かいダウンジャケット」と答えました。

すると、その質問をした知人は
「その答えが、あなたの心を満たしてくれるものだよ」と言いました。

その時、正直「あっ!」と思いました。
私は寒がりで無人島での寒さから逃れたいと思ったので率直に答えたのですが、改めて言われると、そうだと思います。

私は本当に寒さに弱くて、寒いとしゃべることもままないくらいで寒さから逃れることしか考えてないくらいですから笑

この質問が面白くて、友人や同僚にいろいろ質問してみました。

その結果、
人によって様々なものが出てきました。

ナイフやライター、ランプやロープなどから、携帯電話、パソコンやゲーム機などもありました。

私が素敵だなぁと感じた答えは
友達、家族でした。

この答えを出した方は、友達や家族を心から大切に思っているのでしょうね。

でも、たった一人だけ真逆の答えをした人がいました。

その人の答えは
「なにも持って行かない」でした。

私は思わず
「えっーなんでも1つは持って行けるのになんでー?」と言ってしまいました。

その人は「たくさんある中から、なにか1つだけを選ぶことは迷うから嫌だ。迷うくらいなら、無人島にある物や流れつくもので、自分で作る」と言うのです。

強すぎますよね
こんな人はそんなにいないと思います。

でも、その答えを聞いてから私も考え方が変わりました。

今ある物に満たされているのだと…

たくさんの物や人で溢れかえっていると、
いつしかそれが当たり前になり、やっとの思いで手に入れたものですら当たり前になってしまうのだと…

子供の頃、初めて自分だけの自転車を買ってもらった日のことなんて、いつしか忘れてしまっている恐ろしさと愚かさ。

きっと、手に入れたものの大切さや手放す悔しさを本当にわかっているからこそ、なにも持たずに無人島に行けるのではないでしょうか?

人それぞれに幸せの価値観は違うのだろうけど、忘れてはいけない幸せは当たり前のことが当たり前にあることなんだと思いました。

世の中で生かされていること
私を支えてくれている人達
私の生活を豊かにしてくれる物たち

そんな何気ない日常に感謝して
生きて行けることが一番の幸せなのではないかなと思います。

 

おわり

sponsored link

down

コメントする




Profile

A隊長(恋愛セラピスト)

A隊長(恋愛セラピスト)

主婦業のかたわら恋愛セラピストをやっているA隊長です。 「幸せになりたい女性」に必要な情報などををブログに書いています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。